• トップ /
  • 子供の定期検診を勧める予防歯科

子供歯科の定期検診を受診

子供の定期検診を勧める予防歯科

予防歯科で定期的なフッ素塗布

予防指導を重視する歯科では、子供の虫歯予防に力を入れています。それは、子供の歯は大変虫歯になりやすいからです。乳歯や生えたばかりの永久歯は、歯の表面が軟らかいので虫歯菌の出す酸に大変弱いという特徴があります。また生えたばかりの歯の表面には深い溝があって、歯ブラシの毛先がなかなか届かず汚れが溜まりやすい状況です。予防歯科では、生後半年くらいに歯が生え始めたらなるべく早くから定期検診の習慣を持つことを勧めています。乳歯や生えたばかりの永久歯の虫歯は進行が早いものですが、定期検診を受けていれば初期の段階で発見し簡単な治療や管理で済むケースが多くなるからです。予防歯科の定期検診では、口腔内のチェック・クリーニング・フッ素塗布が行われるのが一般的です。クリーニングでは、毎日のセルフケアで落とし切れていないプラークを歯石を取り除きます。プラークは虫歯や歯周病の細菌の塊なので、定期検診で取り除くことで虫歯・歯周病のリスクの低減が可能です。またフッ素には、歯の表面を虫歯の原因菌が出す酸に対して強い構造に作り変える作用があります。このフッ素の作用は生えたばかりの歯により発揮されることがわかっていますので、子供の歯に定期的に塗布することで高い虫歯予防効果が期待できます。

↑PAGE TOP

Menu